Tomo's bakery&cafe

sinco1111.exblog.jp
ブログトップ

卒団式

この間の 寒かった日曜日に、長男の所属してる Nシニア野球チームの卒団式がありました。思い返せば 小6の一月に体験に行ってからのお付き合いでした。試合で勝って嬉しかったこと、ダラダラ練習してて 怒られたこと、暑い暑い 夏合宿でのつらい練習と 夜の楽しい思い出・・・などなど あっと言う間の 三年弱でした。

b0133870_2327593.jpg
 


b0133870_23293492.jpgb0133870_2330695.jpg













うちのコは 特別運動神経が優れてるわけでもなく、小一から野球をやってますが ピッチャー経験もないし、足は遅いし・・・なので 小学校を卒業した時に 硬式の野球チームになんて入っても みんなに付いていけるのかな~って すっごく心配してました。当初25人の新一年生が入団しました。ですが、一年の夏合宿が終わると 一人二人と チームを離れていくメンバーがいる中、良いチームメイトに恵まれて 練習後に寄るコンビニタイムとか、たまのお休みに一緒に遊んだり、夏休みや冬休みにお泊まりごっこをしたりと 友情を深めて行き この卒団を無事に迎えることが出来ました。

b0133870_2339567.jpg


一人一人 名前を呼ばれて 一年&二年が作る 手のアーチの中をくぐって グランドに行き、監督やコーチにタッチをしてから 横一列に並び、そしてまた 一人づつ呼ばれて 卒団メダルを監督から首にさげてもらいます。その後 二年キャプテンから 送辞の言葉をもらい、最後に 我が三年のキャプテン ひゅうま君が 答辞を読みました。このひゅうま君は うちの長男と小学校のチームから一緒で このN市では知らない人がいないほどの 有名人です。野球も上手いし とにかく キャプテンの素質がすばらしく 人格者でリーダーとして 完璧な男子なのです。うちの子も ひゅうま君が このチームに入ると言うから 一緒に入ったようなものです。そして 自分の子からそれぞれの母に 花束と一言をもらって 最後に ↑の 帽子投げをしました。

b0133870_23511486.jpg
(長男&次男です)
何度も書いたりしてますが、私は バレエをやるような かわいい女の子のママになるのを 夢みていたのですが、現実は・・・男子三人の母で それは思想とは かけ離れているのですが、男子の母としては 最高に楽しい思い出を野球を通じて作ることが出来ました。子供の野球を追いかけて 早9年ですが、全く知らなかった事を経験できたこと、子供と一緒に泣けたこと、優勝して 一緒に喜べたこと、早起きも お弁当作りも 野球のスランプも いろいろ いっぱいあったけど、ここまで ひとつの事を続けられた あなたに 感動します。

高校に行って どんな新しい世界が待っているのか わかりませんが、9年で培ったスポーツ精神で 何事にも負けずに 突き進んで行ってください。卒団式から帰ってきたあなたが 「おかあさん、おれ 今日 感動したよ~ やっぱ シニアっていいよな~」 と言った言葉が忘れられません。 「野球やってて よかったね。シニアに入って よかったね。卒団まで いれて よかったね」と 返しました。
[PR]
by sinco1111 | 2009-12-17 00:06 | こども | Comments(2)
Commented by sakura-n-bow at 2009-12-17 17:04
tomoさん~~
長男君の卒団おめでとうございます!
ひとつのことに向かって みんなで頑張って笑って&泣いて
こんな子供時代を過ごせた事 きっと素晴らしい心の栄養になってますね!!
私も息子はいないけど こんなこと言われたら泣いちゃう~
読んでるだけでもウルウル~です
本当、野球でもバレエでも 頑張る子供からもらえる感動って
親になってよかった、、、って思える瞬間ですよね

これからの長男くんの新しい世界も
感動いっぱいの素敵な高校生活になりますように!!
そして次男くん&三男くんも~~♪♪♪
Commented by tomo at 2009-12-27 22:41 x
sakura-n-bowさまへ
コメへのレスが 遅くなっちゃって ごめんね~。ほんと 子供のがんばりで 母親がどれだけ感動するかって 言葉では言い表せないですね。
いつもは だいたい毎日 ケンカしてる 長男と私ですが、それでも やっぱり かわいいんですね~。そんなこと 長男には 絶対言いたくないけど。。。高校に行ったら もう野球はやらないで 他の事をしたいみたいなんだけどね、この9年間の野球生活は 彼にとって 一生の宝物に きっと なってるな~って そう確信してます。野球で得た者は その技術だけでなく、優勝を一緒に喜んだり 負けて一緒に泣いた チームメイトとの深い絆が 一番大きかったことと 思います。息子が 早く 同窓会したいな~なんて 今から 言ってました。。。